日本からドイツへ -検疫関係・その2-

マイクロチップ装着から検疫までの日程はどうすればよいのか。

私の場合を例に具体的に示していきます。


まず、渡航日を決めました。

私の場合は、5月の連休明けでした。

それが決まれば、逆算して日程が決まります。


12月12日:マイクロチップ装着と1回目の狂犬病ワクチン接種

 ↓49日後(マイクロチップ登録完了通知受け取りまで約1か月半)

01月30日:2回目の狂犬病ワクチン接種

 ↓21日後(ここで検疫申請をネットから申請)

02月20日:狂犬病抗体検査提出

 ↓11日後

03月02日:狂犬病抗体検査証明書受け取り


以上を見て頂くと分かるように、81日、約2カ月半掛かっています。

マイクロチップ登録は、1カ月に一度、月末に各獣医師がまとめて提出、送付するため

月初めに装着しても月末に提出されて、登録は次の月になります。

私はお正月を挟んだため、登録通知を受け取るまで1カ月半も掛かりました。


また、抗体検査は、ドイツ入国には必要ありませんが、日本に戻ってくるつもりであれば

絶対に必要ですので、余裕を持って最低3カ月くらいは準備期間を設けると良いと思います。

この記事へのコメント