kanban1blog.jpg

2014年11月10日

鞍のサイズ、うんちく…。

先日、鞍を3背、注文しました。
日本人の体型に合う16.0インチ。先生も私(?)も、お尻が小さく、背も低いので、16.0インチの鞍で乗るとシートに遊びが無く、ピタッとハマります。

パッシェGGのEXDSで、ドイツとオランダで購入した16.5インチと16.0インチが有るのですが、比べてみると、サイズの乗り心地感の違いがよく分かります。

先生も私の16.0インチがお気に入りで、今ではヴィスコンティの鞍になっています。

☆追記
ヨーロッパでは、サイズが17.0と17.5インチが主流で、その他は別注になることが多いです。
16.5や16.0はジュニアのサイズ展開になり、アオリ革が10〜15cmくらい短くなります。

それが、日本人にピッタリと思いきや、ジュニアの鞍は全体の作りが小さくて、大きな馬に乗せるようには想定されておりません。
大きな馬に小さな子供が乗ることは、海外では、稀なことで、体にあったサイズの馬に子供たちは乗っています。

鞍のサイズは、メーカーにも依りますが、シートの前から後ろまでの長さ、シートの長さで示していることが多いです。(鞍骨のサイズで示しているメーカーもあります。)
1インチが2.54cmなので、それだけ違うと、シートの遊びが随分、違ってきますので、150〜160cmの小柄な日本人の女性には、16.5インチは大きすぎるのかもしれません。
逆に180cm以上の男性は17.0や17.5が良いのかも知れません。

たまには、うんちくタレて、馬具屋さんらしい投稿をしてみました。
  • 20141110005838102.jpg
  • 20141110005846396.jpg
  • 20141110005856455.jpg
posted by RYOKO at 00:59| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。